【10万円以下】トライアルを始める人におすすめの自転車5選

ストトラ トライアル

2021年版はこちらです↓

【2021】これから自転車トライアルを始める人におすすめの自転車

  • 「憧れのライダーが乗っている自転車は高そう…」
  • 「安物を買ったらすぐ壊れてしまいそう…」
  • 「買って失敗したらどうしよう…」

あなたは、こんな不安を抱えていませんか?

この記事では、「10万円以下で買えるトライアル自転車」を5つ紹介します。
(若干10万円を飛び出しているものもあります、すみません)

そんな値段で大丈夫なの!?

大丈夫です。
私はトライアル暦15年、自転車屋で働いていたこともあります。

強度不足、すぐに壊れてしまう「ルック車」は除外してあります。

10万円以下でも大丈夫な理由を解説していきます。

>>>関連記事:【1000円から1.6万円】自転車トライアルにおすすめの靴6選
>>>関連記事:自転車トライアルの練習でもっとも大事な基礎【センターに乗る】
【ヤフオク】失敗しない中古トライアル自転車の買い方【メルカリ】

トライアル自転車選び、10万円以下でも大丈夫な理由

自転車トライアル特有の異次元の動きを見て
「自転車がめちゃくちゃに優れているに違いない!」
と思うのは仕方がないことです。

結論、高い自転車は

  • 軽いから疲れにくい
  • しなりで跳びをサポートしてくれる

→結果、高く跳べる

などなど、やはり値段なりの価値がありますよ。
腕のあるライダーとメーカーが手間隙かけて開発しているので、そりゃあ高くもなります。

「じゃあやっぱり高い自転車じゃなきゃダメ?」

と聞かれたら、私の意見は”NO”ですね。

「自転車自体の戦闘力」

が必要になってくるのは1m以上跳べる中級者以上からです。

 始めの1台に必要な要素はひとつだけ

あなたは、免許を取ってすぐに「GTR」を乗りこなせますか?
無理ですよね。
スーパーカーは高いですし、修理代もバカ高いです。

運転が上手になりたいあなたは、何を選びますか?

「アルトワークス」「ロードスター」「スイフトスポーツ」
このあたりなら無理せず買えて、楽しく走れそうです。
非力ですがスポーツカー。ブレーキもちゃんと効くし修理代も安いです。

自転車も同じです!

あなたが欲しいのはスーパーカーではなく「スポーツカー」ですよね?

  • 壊れにくい
  • ブレーキがちゃんと効く
  • 壊れても容易に直せる

→乗ったらいつでも楽しい!!

これが一番大事ですよね。

最初の一台におすすめのトライアル自転車5選は、この観点から選びました。
あなたにぴったりの一台を見つけていただけたら、嬉しく思います。

※お財布に余裕がある方は、いきなりお高い自転車を買っても大丈夫です。
※「本格競技用トライアル!」を謳っている「性能皆無の見た目だけ自転車(ルック車)」もあったりします。
せっかく買うのに楽しめない自転車じゃもったいないので、今回は除外させていただきます。

おすすめのトライアル自転車5選

HellBender CR/AL 税込88000~99000円

トライアル★★★★☆
ストリート★★★★★
大会★★☆☆☆

  • 「ストリートトライアル」「西窪友海」「DannyMacakil」「忍者ライダー」「FabioWibmer」
  • これらのワードに惹かれるあなたならこれで間違いないでしょう
  • この価格でありながらも油圧ディスクブレーキという破格
  • 日本人向けジオメトリであなたでもバニーホップや180を楽しめる
  • CRとALは見た目が好きな方を選んでOK(ちょっとだけALのほうが軽い)

HellBender CR(CleanBicyclePartsShop)
HellBender AL(CleanBicyclePartsShop)

FullMarks KRONDIKE Rim/Disc 税込82800~114000円

トライアル★★★★☆
ストリート★★★★☆
大会★★★☆☆

  • 初めての自転車だから何でもやりたい!方へおすすめ
  • 老舗GOLDRUSHのオリジナルブランド。「入門用」として1から作られている
  • ダニエルからバニホ180までソツなくこなせる万能自転車
  • 楽天から購入できる
  • Discモデルならストリートトライアル専用フレームへの移行が安価

FullMarks KRONDIKE(楽天市場)
FullMarks KRONDIKE Disc(楽天市場)

CROSSFIELD ORION 税込72360~80300円

トライアル★★★★☆
ストリート★★☆☆☆
大会★★★★☆

  • とにかく安い!
  • トライアルに一番大事な「ブレーキの制動力」はバッチリ
  • 最初からソフトコンパウンドタイヤなので滑る路面も攻められる
  • 少々重たかったり設計が古かったりしますが入門用としては最低限揃っている
  • 古いながらもトライアル専用車なので中級クラスくらいまでならこれでもOK

CROSSFIELD ORION(マイロードなかの)

FullMarks COLOMA Rim/Disc 税込76900~113000円

トライアル★★★★☆
ストリート★★★☆☆
大会★★★★☆

  • ORIONに迫る安さ
  • 老舗GOLRASHオリジナルブランド。「入門用」として1から作られている
  • ダニエルからバニホ180までソツなくこなせる万能さ
  • 楽天から購入できるのもユーザーに優しい
  • Discモデルならトライアル専用フレームへの移行が安価

FullMarks COLOMA(楽天市場)
FullMarks COLOMA Disc(楽天市場)

BREETH Yes20-D 税抜99800~(代理店HPより)

トライアル★★★★★
ストリート★☆☆☆☆
大会★★★★★

  • 本格的なトライアル専用自転車
  • 「とにかく跳びたい!!」「大会で上位を目指したい!」という方にはこちら一択。
  • 最初は軽々と持ち上がるフロントや前傾姿勢に戸惑うかも
  • しかし一度手懐けてしまえば、その戦闘力はピカイチ
  • 実力次第では高級自転車を喰って上位にのし上がることも不可能ではない!

BREETH Yes20-D(IKKEI BIKE WORKS)
BREETH取扱店一覧(代理店HP)

最初の1台を手放すことになってしまったら

最初の1台におすすめのトライアル自転車5選でした!
どれを選んでも楽しいトライアル生活があなたを待っていることでしょう。

しかし人生には、環境や心境の変化が必ず訪れます。

  • 「周りに仲間が居ない…」
  • 「仕事が忙しくなって乗る時間がない…」
  • 「転勤が決まって自転車を持っていけない…」

様々な事情から、手放さなくてはいけなくなることもあるでしょう。
残念ですが、その時はヤフオクやメルカリで売ってしまいましょう。
10万円以下のトライアルバイクはかなり需要が高いので、半値以上で売れることが多いです。

「仲間が居ない…」のでしたら、とりあえず大会に出ることをおすすめします!
ペダルを漕ぐことができれば参加OKです。(全日本大会などを除く)
試合後の練習だけ参加してみるのも良いですね。

>>>関連記事:【2020】11月~12月に開催される自転車トライアルの大会

何も、上位を目指すだけが大会ではありません。

  • レベルの近い仲間がいる場所
  • 師匠がたくさん居る場所
  • 自分の課題を見つけられる場所

それがトライアルの大会です。
気軽に参加してみたら、絶対に楽しいです。
SNSに動画や画像を張ってほかのライダーと絡むのもおすすめです。

>>>関連記事:【ぼっちは寂しい】自転車トライアルの仲間が見つかる5つの方法

趣味はすこしの勇気と努力で楽しくなります。
少々脱線しましたが、せっかく買ったのであれば楽しみましょう。

>>>関連記事:【1000円から1.6万円】自転車トライアルにおすすめの靴6選

2021年版はこちら

>>>関連記事:【2021】これから自転車トライアルを始める人におすすめの自転車

10万円以下でおすすめのトライアル自転車5選まとめ