とらチャンネルの動画がステアケースのすべてを物語る。

テクニック

  • 「そろそろ平地練習も飽きてきたな~」
  • 「やっぱりなにかに登ってみたい!」

自転車トライアル(BTR)をはじめたからには、やはり難所にトライしたくなるというもの。

  • スタンディング
  • フロント、リアアップ
  • オットピ

このあたりが形になってきたら、そろそろ「登れる」段階です。
なにかに登れたら嬉しいですよね。

「自分いまBTRしてる!!!」

って実感できます。

もっともよく使う登り技は、「ステアケース」

というわけで今回は、ステアケースのHowTo記事です。
ちょうどいい動画がありましたので、そちらを元に解説します。

  1. そもそもステアケースとは。
  2. ステアケースのこつ
  3. ステアケースの究極はウイリージャンプ
  4. ほとんど、とらチャンネルの文字起こしです。
  5. とらチャンネルの動画がステアケースのすべてを物語る。まとめ

そもそもステアケースとは。

まずフロントをステア(段差)の上に乗せ…

リアをもってくる。
これがステアケースです。

子供でもできますので、身体能力は必要ありません。
さいごまで読めば、あなたもできるようになりますよ。

ステアケースのこつ

こつというか、これさえクリアすればできます。
クリアする点は、ふたつだけ。

身体を前へもっていく

フロントがのった瞬間に、身体が前にいること。
「思いっきり身体をひいてフロントアップ!!」
ってやっていると身体が遅れます。

「フロントがのると同時に身体は前」

です。

これは失敗。
身体が後ろにいます。

跳ぶ瞬間、身体がステアの上にいなければ登れません。

画像提供:とらチャンネル
>>>関連記事:自転車トライアルの練習でもっとも大事な基礎【身体をもっていく】

ペダルを水平に

跳ぶ瞬間、ペダルが水平になるように助走しましょう。
理由はこうです。

  • ペダル水平がいちばん跳べる
  • ヘダル水平がいちばん身体が前にいく

これを正確にできるから、子供の身体能力で登れるんです。
BTRはパワーよりテクニックが大事。

>>>参考動画:とらチャンネル

ペダルが水平にならないという人へ

これを「ペダルが合わない」と言ったりします。

わかってても難しいんですよね(笑)
私も執筆が忙しくて、練習していないのでよくわかります。

そんな方はこちらの方法を試してみてください。

岩の上から自転車をバックさせる

シンプルですが、めちゃくちゃわかりやすいです。
あとは身体がおぼえてくれます。

ステアケースの究極はウイリージャンプ

ステアケースを高くしていくと、ウイリージャンプになります。

「え?全然違くない??」

聞くより見るが易しです。
まずはステアケース。

これはウイリージャンプ。

  • 身体がいきたいところへ行っている
  • ペダルが水平

ね?似てるでしょ?
跳ぶ角度が変わっただけなんですよ。
体格も飛距離も違いますが、やっている事はいっしょ。

派手な技も基本はぜんぶいっしょ

基本からはじめるのが、近道です。

ほとんど、とらチャンネルの文字起こしです。

この記事の8割くらいは、文字起こししただけです(笑)
HowTo単品でも見る価値ありますよ。

「ステアケースのすべて」

と言っても過言ではありません。
結局のところBTRって、

「身体をどこにもっていくか」

これに尽きるんですよ。

パパさんライダーは、これを深く知っている方が多いです。
力のない子供のために、日々考えているのでしょうね。

>>>関連記事:自転車トライアルの練習でもっとも大事な基礎【身体をもっていく】

とらチャンネルの動画がステアケースのすべてを物語る。まとめ

  • ステアケースでクリアすべきはふたつだけ
  • 身体を前へもっていく
  • ペダルを水平に
  • ステアケースの究極はウイリージャンプ
  • 他人の力借りまくりですみません