【ALIAS 24.1】inspiredから新作ストリートトライアル登場【比較】

ストトラ

あのInspiredのセカンドブランド、「ALIAS」から新作が出ました。
今日はALIAS新作自転車の紹介と比較をしていきます。
ちょっとオタッキーな記事になっております(笑)

日本人ライダーでALIASと言えばSINTAROOOOOさん。
西窪友海さんのyoutubeにも登場する、凄腕ライダーです。
調子よさそうに乗っていますね。

これは新作にも期待できますね!
ライバル車との比較もまじえつつ、

ALIAS 24.1

の紹介をしていきます。

>>>関連記事:【10万円以下】トライアルを始める人におすすめの自転車5選

  1. ALIAS 24.1の良いところ
  2. ネガの部分も語ります
  3. 他の自転車との比較
  4. ALIAS 24.1は買い?
  5. ALIAS 24.1まとめ

ALIAS 24.1の良いところ

価格が安い

TartyBikesで82,602~88,588円。
>>>関連リンク:TartyBikes

ストリートトライアル自転車としては、かなり安い。
日本では、GOLD RUSH(あじと)さんが取り扱うと思われます。

あじと GOLDRUSH楽天市場店

ジオメトリー

Geometry
– Wheelbase: 968mm
– Chainstay: 364mm
– BB Rise: +15mm
– Head Angle: 74
– Centre of BB shell to centre top of head tube: TBC

(TartyBikes引用)

かなり小さめの設計です。

私が乗っている、C-ZAR NEWRONとほぼ同じくらいですね。
身長160cm後半のAyato Kimuraさんは、

「ポジションに運命を感じた」

と言っていました(笑)
日本人向けのジオメトリーと言えます。

ヘッドアングルは74度。
同じinspiredのFourplayやALIAS20.2よりも、クイックな設定です。

>>>関連リンク:Ayato Kimura

ブレーキ

  • TEKTRO製のVブレーキ
  • TEKTRO製のワイヤーディスクブレーキ

の二種類。
TEKTRO製のディスクブレーキはよく効くものが多いです。
価格差は6000円ほど。
ディスクブレーキのほうがお買い得感がありますね。

ALIASブランド

inspired=ALIAS

これはよく知られていると思います。
DannyMacaskillや西窪友海さんと、同じメーカーの自転車。
それがこの値段で買えるのは嬉しいですね!

ネガの部分も語ります

ハブが弱い

– Front hub: Disc, Open Bearing, 32h, Black
– Rear hub: Disc, Open Bearing, 32h, Black

(Tarty Bikes引用)

前後のハブは「オープンベアリング」。
このタイプのハブの弱点は、

  • 時々、調整が必要(ガタが出る)
  • 衝撃に弱い(ベアリングが割れる)

「コーナリング中の抵抗が少ない」
というメリットもあるのですが、自転車トライアル(BTR)には必要のない性能です。

その証拠に、BTR自転車のほぼすべて「シールドベアリング」。
メンテナンスフリーと、耐衝撃性がウリです。

クランク周りが弱い

– Cranks: Forged Square Taper, 170mm, Black

(Tarty Bikes引用)

「スクエアテーパーBB」とは、

  • 強度が低い
  • 加工技術が発達していない時代のBB
  • ママチャリと同じ

BTRに使うと、

「初心者でも、もれなく曲がる・ねじれる」

くらいよわ~いBB。
Dannyに乗らせたら、秒でへし折れます。(ガチです)
特にストリートトライアルは、BBへの負担がハンパじゃないので交換推奨。

ノッチが少ない

– Freewheel: Trialtech 16T, 36 engagement

(Tarty Bikes引用)

これは気になる人と、気にならない人がいます。
私は24ノッチでも気にならないほう。
ストリートメインなら、気にしなくてもいいかなと思います。

重い

– Weight. 11.68kg (with Tektro V-Brakes)

(Tarty Bikes引用)
  • クロモリ(?)フレーム
  • 鉄フォーク
  • コストダウン

軽いわけがありません(笑)
でもコンパクトなジオメトリなので、それほど苦にならないと思います。
ストリートトライアルは、強度のほうが大事です。

他の自転車との比較

hellBender AL/CR

ぶっちゃけ言ってしまうと…

上位互換です。

  • シールドベアリングハブ
  • 油圧ディスクブレーキ
  • ホローテックBB/クランク

ストリートトライアルに充分な強度をもっていながらも、10万円以下。
海外通販のわずらわしさもなく、日本人メカニックの手でしっかり組み立てられています。
こちらのほうが、壊れにくさは上です。

ジオメトリーも日本人向け。
リアセンターが短いぶん軽く感じます。

Hellbender AL 税込99,000円(BASE)
Hellbender CR 税込88,000円(BASE)

C-ZAR ION

  • ECHOシールドベアリングハブ
  • ECHO ISISクランク
  • 軽い

軽い自転車が欲しいのならこちらがおすすめ。
C-ZARやECHOのパーツが使われているので、安心感があります。
こちらも日本人向けジオメトリー。

私はC-ZARの「NEWRON」と「ION」、両方持っています(笑)
初心者ならどちらでも大丈夫なので、安いIONがおすすめです。

C-ZAR ION 24インチ 税込162,800円(楽天市場)
C-ZAR ION 20インチ 149,600円(楽天市場)

ALIAS 24.1は買い?

  • 見た目がすき!
  • カスタムがすき!
  • ALIASブランドかっこいい!

なら買いだと思います。
なんたって、inspiredが作った自転車ですからね。

スキルアップと一緒に自転車もグレードアップ!

そんな楽しみ方が合う一台です。

>>>関連記事:【10万円以下】トライアルを始める人におすすめの自転車5選

ほかのストリートトライアル自転車はこちらです

>>>関連記事:【車種別も】ストリートトライアル自転車はどれを選んだらいいの?
>>>関連記事:コスパ抜群のストリートトライアル自転車、STORYが日本上陸!
>>>関連記事:耐久性のCREWKERZ GUILTY新作ストリートトライアル!

ALIAS 24.1まとめ

  • 日本人向けジオメトリー
  • 安いだけにちょっぴり強度不足
  • 上位互換のような自転車がある
  • カスタムを楽しみましょう