私が自転車トライアルで腱鞘炎を克服した方法【0円~1,720円】

パーツ

  • 「長い時間練習すると、手首や肘が痛い!」
  • 「ハンドルポジションを変えても改善されない…」
  • 「すぐに腕がパンパンになる」

私以外にも、こんな症状に悩んでいる人が多いです。
自転車トライアル(BTR)は、レベルが上がるとかなりハードなスポーツです。

「跳べるようになってから手首や肘が…」
という悩みをよく耳にします。
腱鞘炎は、私が10年前にBTRをやめた原因です。
ですがある方法で、腱鞘炎に悩まされることはなくなりました。

「たったこれだけ!?」

と感じるはずです(笑)
10年前に知りたかったです。

10年悩んだ私が、腱鞘炎を克服した方法を紹介します。

>>>関連リンク:【ハンドルポジション】トライアル自転車のハンドル前倒しは悪?

  1. 自転車トライアルの腱鞘炎対策:ブレーキレバーの調整
  2. 自転車トライアルの腱鞘炎対策:細いグリップを使う
  3. 細いグリップの紹介
  4. 私が自転車トライアルで腱鞘炎を克服した方法まとめ

自転車トライアルの腱鞘炎対策:ブレーキレバーの調整

「グリップにかるく小指がかかるくらい」に調整しましょう。

これだけでほとんど腱鞘炎が解消されました。

「それだけ??なんで?」
それだけです(笑)
理由も合わせて紹介します。

BTRで手首を傷めやすい理由


  • バンザイの姿勢
  • 限界まで前のめり姿勢
  • 思いきり後ろに引いた姿勢

ロードレースやMTBより、BTRはさまざまな姿勢を使います。
ビシッと決まったハンドルポジションだとしても、肘や腕はいろいろな角度になります。

しかし、手首はほとんど動かせません。

  • ハンドルをしっかり握らなければいけない
  • ブレーキレバーを常に握っていなければいけない

からです。
思った以上に、手首を動かせないのです。
これがBTRで、腱鞘炎になりやすい原因です。

では、どうしたらいいでしょう?

間接をひとつ増やせばいい

「間接をひとつ増やしたらいい」です。

「無茶苦茶言いよるなあ!?」

そうでもないんです。
ブレーキレバーを調整すれば、間接がひとつ増えます。

これは、MTBの一般的な握りかたです。
手首とハンドルが、ガチガチに固定されていますよね。

これでは、腱鞘炎まっしぐらです。

これが、ブレーキレバー調整後です。

思いきり握っても、手首の自由が効きますよね

なんということでしょう!
いちばん端の小指を(ほぼ)使わないことで、関節がひとつ増えました。
これで、さまざまな姿勢に対応することができます。

本当にかんたんな調整ですので、試してみてください!

クリートと同じ原理です

ロードバイク用の「クリート」には、二種類あるのを知っていますか?
※クリート=靴とペダルを固定する部品

一般用:ペダリング中に、足をすこし動かせる
レース用:ほとんど完全に固定されている

ほとんどのライダーは、一般用を使います。
ガチガチに固定してしまうと、膝を痛めやすいからです。

BTRのハンドルも同じです。

ガチガチに固定しないためには、小指は握らないほうがいいです

人間は、小指がいちばん握力があります。※諸説あり
小指で思いきり握ると、ガチガチに固定されがちなんですよ。

バランスもよくなります

  • オットピ
  • 突き出し
  • 前刺し

BTRの技は、急激に姿勢が変わります。
そんな場合でも、間接がひとつ多ければすばやく対応できます。
バランスも良くなるんです。

握力が必要です

指が一本(指半分)減ります。
当然、握力が必要になります(笑)
でも、すぐに慣れると思いますよ。

グリップを細いものに交換するのも、おすすめです。

BMXは、内側を握っても大丈夫

BMXの一般的な握りかたです。
私は、BMXで腱鞘炎になったことはありません。

「BTRで腱鞘炎になるのに、もっと激しいBMXは平気なの?」
と思いますよね。

BMXは、ほとんどブレーキレバーを握りません

たとえ跳んでいる最中でも、ハンドルの握り方を変えられるんです。
だから内側を握っても、腱鞘炎になりません。

自転車トライアルの腱鞘炎対策:グリップを細くする

「小指をかけないとハンドルを離しそうになる…」

そんなあなたは、細いグリップを使うのがおすすめです。
細いグリップ単体でも、腱鞘炎対策になります。

事実、BTR用のグリップは細いものばかりですよね。

手首が自由になる

細いグリップは持ち方によって、指があまります。
これも、「間接を増やす」効果がありますね。

あの手この手で、関節を増やしましょう。

握力を発揮できる

人間は「第二間接が曲がったところ」が、いちばん握力を発揮できます。
「ハンドルを離しそうになる」あなたにも、おすすめです。

もちろん、手の大きさは人によって違います。
いろいろ試してみましょう。

細いグリップのデメリット

シンプルに手の平が痛いです(笑)
ゴムが薄いので、どうしても硬くなってしまいますからね。

「手にマメできるのかっこいい!!」

という人以外は、グローブをするくせをつけましょう。
ミドリ安全の作業用グローブが、丈夫で安いのでおすすめです。

ミドリ安全 作業用グローブ 税込617円(amazon)

細いグリップの紹介

SOYO ロンググリップ

ほんとうに薄っぺらで細いグリップです。
耐久性は最強クラス!
長いので、半分に切れば2台分使えます。
(バーエンドは別途用意しましょう)

SOYO ロンググリップ 税込1,720円(amazon)

SOYO ショートグリップ

ロンググリップより、ほんの少し太いです。
同じく耐久性は最強クラス。
手のひらの痛さも最強クラスなので、グローブは必須です(笑)
グリップも良いので、握力も使わずに済みます!
雨が降っても滑りません。

SOYO ショートグリップ 税込1,298円(amazon)

SOYO ハイグリップ

ショートグリップより微妙に太いグリップです。
とはいっても、普通のMTBよりははるかに細いです。
ショートグリップで充分ですが、さらに滑りにくくなっているモデルです。

SOYO ハイグリップ 税込1,690円(amazon)

Champ grip

SOYOより、手に優しいグリップです。
ちょっと耐久性は低いですが、SOYOが強すぎるだけです(笑)
厚さ(太さ)が選べます。
1~2mmがおすすめです。

ChanpGrip typeS 1mm 税込1,100円(amazon)
ChampGrip typeA 2mm 税込1,100円(amazon)

ロード用バーエンド

MTB用のほとんどは、グリップからはみ出るので、ロード用がおすすめです。
細いグリップを使っても、バーエンドが太ければ意味がありませんからね。

エヴァディオ バーエンド カーボン柄 税込330円(amazon)
BBB ハンドルバーテープ エンドキャップ 税込285円(amazon)

私が自転車トライアルで腱鞘炎を克服した方法まとめ

  • ブレーキレバーを調整しましょう
  • 小指が半分かかるくらいがおすすめです
  • 細いグリップに交換するのもおすすめです
  • 一般用クリートと同じ効果です
  • バランスも良くなります
  • SOYOとChanpGripがおすすめです
  • バーエンドはロード用を使いましょう