自転車トライアルのブレーキを死ぬほど効くようにする方法

パーツ

  • 「最近ブレーキが効かない気がする…」
  • 「安い完成車を買ったけど、ブレーキの効きってこんなもんなの?」
  • 「人に自転車を借りたらブレーキがすごく効いてた!」

「あれ?僕のブレーキ効いてない…?」
トライアル(BTR)自転車で、いちばん重要なのがブレーキです。
あなたのブレーキはちゃんと効いていますか?

  • ウイリージャンプやダニエルが怖い
  • セクションを走っていると意図せずブレーキが滑る
  • 練習すると腕がパンパンになる

こういう症状に悩まされているのなら、ブレーキの効きが甘いかもしれません。
とは言っても、「高級なブレーキ」にする必要はありません。

「健康なブレーキ」であれば良いんです

ブレーキに限らずパーツは、使っていると少しずつ性能が落ちてきます。
あなたのブレーキの「健康を取り戻す方法」を紹介します。
効きが数倍になることもあるので、ぜひお試しください!
無駄にお金を使わないために、順番にやることをおすすめします。

  1. あなたのブレーキが健康か確かめる方法
  2. 中性洗剤で洗う(ディスクブレーキ)
  3. ワイヤーを交換する(ワイヤーブレーキ)
  4. エア抜きをする(油圧ブレーキ)
  5. バッド/シューの交換をするのは常識
  6. それでもダメなら交換しましょう
  7. 自転車トライアルのブレーキを死ぬほど効くようにする方法まとめ

あなたのブレーキが健康か確かめる方法

まずは、自分のブレーキが健康なのか確かめたいですよね。
もともと健康なのに、薬を飲んでも意味はありません(笑)

無料でできますので、ぜひやってみてください!

水をかける(ディスクブレーキ)

トライアル場でよく見かける光景です。
水がブレーキパッドとローターの隙間を埋めるので、効きがよくなる場合があります。
(パッドとローターによる)

「せっかくトライアル場に来たのに、ブレーキが効かない…」
というときには、重宝する方法です。
その場しのぎのためにも、覚えておきましょう。

「劇的に改善した!!」
となる場合、ブレーキパッドかブレーキローターに問題があります。
「濡らさなきゃ効かないブレーキ」は健康ではありません。

「洗浄+BTR用パッドに交換」をおすすめします。

サンディングする(リムブレーキ)

「サンディング」とは、リムをガリガリ削ることです。
ブレーキシューの当たり面を凸凹にすることで、抜群の効きになります。
最初はリムを削ることに抵抗があると思いますが、BTRでは「必須科目」です。
必ずやりましょう。

>>>関連記事:【ブレーキガチ効き】自転車トライアルのサンディングHowto

  • 金のこ
  • グラインダー

のどちらかがあればできます。
リムの表面をまんべんなく「ガリガリ…」と削るだけ。
表面が凸凹になればOKです。
これで回復するようなら、

  • サンディングしていなかった
  • サンディングが落ちかかっていた

これが効かなかった原因です。

ちなみに、必要充分なグラインダーは4,000円で買えます。
金のこでゴシゴシするのはたいへんなので、こちらをおすすめします(笑)

回復しない場合、ほかに原因があります。
このあと解説しますので、読み進めてください!

中性洗剤で洗う(ディスクブレーキ)

画像提供:とらチャンネル
おすすめの洗剤はmajicaだそうです(笑)

ディスクブレーキを使っているなら、まずはここからやってみましょう。
これで激変する場合は、割と多いです。

  • アスファルトの油分
  • 車の排気ガス
  • 整備に使うオイルスプレー

などブレーキに油分が付着する原因は、日常にたくさん潜んでいます。
油分は、ディスクブレーキの大敵。
定期的に洗浄するのがベストです。

これで改善されたら、読むのをやめても大丈夫です(笑)
「いくらか改善されたけど、まだ足りない…」
という方は読み進めてください。

いちおうmajicaのリンク張っておきますね(笑)

ワイヤーを交換する(ワイヤーブレーキ)

  • Vブレーキ
  • ワイヤーディスクブレーキ

これらを使っているあなたは、ブレーキワイヤーを交換しましょう。
「ワイヤーブレーキは効かない」
という話も聞きますが、そのほとんどはメンテナンス不足。
(メンテナンスフリーさでは油圧ブレーキに劣ります)

ワイヤー交換で、ブレーキの効きは何倍にもなります(ガチ)

  • ブレーキレバーの引きが重い…
  • ジャリジャリ/ゴリゴリする…

こんな症状に悩まされているあなたは、ワイヤー交換で改善します。

JAGWIRE 色が選べるアウターワイヤー 税込396円(amazon)
Ruler PTFEインナーワイヤー 1本 税込457円(amazon)
JAGWIRE ブレーキワイヤーセット(非PTFE) 税込2,190円(amazon)

エア抜きをする(油圧ブレーキ)

油圧ブレーキは基本的に、メンテナンスフリーです。
しかし、ブレーキに負担がかかるBTR。
時には、「エア噛み」を起こしてしまいます。

エア噛みとは
油圧ホースやブレーキ内部に気泡が混入すること。
圧力が逃げるので、ブレーキの効きやタッチが悪化する
  • ブレーキレバーを握るとグニャグニャする…
  • 数日前とタッチが違う…

こんな症状があれば、エア噛みしています。
古いブレーキオイルをずっと使っていると、壊れる原因にもなります。
半年に一回くらいは、交換しましょう。

いろいろ揃っているエア抜きツール 税込1,890円(amazon)
定番のシマノ製ミネラルオイル 税込1,764円(amazon)
HOPEやHAYESはDOTを使いましょう 税込847円(amazon)

※ブレーキオイルの種類を間違わないように!

ブレーキパッド/ブレーキシューの交換をするのは常識

「新品当時からあまり効かなかった」
そんなあなたは、ブレーキパッド/ブレーキシューを交換しましょう。

そもそもMTB用ブレーキのほとんどは、BTRには適していません

  • MTB:速度を落とすためのブレーキ
  • BTR:速度をゼロにするためのブレーキ

MTBのブレーキで「効かねぇ!!!」と言うのは、
「赤信号でサイドブレーキ引いてるのに、ぜんぜん減速しないんだけど!!」
っていうのと同じです(笑)慣性ドリフト…!?

それくらい、MTBとBTRではブレーキに求められる性能が違うんです。
逆も然りです。
BTRで人気のある「HOPE TrialZONE」をMTBに使うと、あっという間に効かなくなります。
性能が低いのではなく、用途が違うから。

用途に応じてブレーキパッドを変えるのは常識です

用途に合ったブレーキパッドを使いましょう。
ブレーキの構造自体はMTB用もBTR用もいっしょ。
違うのは、ブレーキパッドです。

ベスラ Trial ブレーキパッド 税込3,253円(amazon)
TIOGA トライアル用ブレーキシュー 税込1,760円(amazon)

>>>こちらでもいろんなパッドが選べます:【安心して買える】自転車トライアルのネット通販5選

それでもダメならブレーキを交換しましょう

  • 「全部やったけどまだ足りない…」
  • 「一瞬は効くんだけど、すぐ元に戻る…」

そんなあなたは、ブレーキを交換しましょう。
どんなにメンテナンスをしていても、形あるものは壊れます。

ワイヤーディスクブレーキを使っているなら、油圧に交換するのも楽しみがあって良いですね!

  • HopeTrialZONE
  • HopeZONE×Tech
  • MAGURA MT7

油圧ディスクブレーキなら、このあたりが定番です。
値は張りますが、装着しているライダーは非常に多いです。

実は、これら以外にも効くブレーキはたくさんあるのですがね…
あまり知られていないというだけです。
というか、ほとんどこれが答えです。
いずれもっと詳しく紹介します。

自転車トライアルのブレーキを死ぬほど効くようにする方法まとめ

  • まずは健康かどうか確かめましょう
  • 水をかける(ディスクブレーキ)
  • サンディングする(リムブレーキ)
  • 中性洗剤で洗う(ディスクブレーキ)
  • ワイヤーを交換する(ワイヤーブレーキ)
  • エア抜きをする(油圧ブレーキ)
  • バッド/シューの交換をするのは常識
  • それでもダメなら交換しましょう