【両方乗ってる私が解説】自転車トライアルとBMXってどう違うの?

その他

  • 「かっこよくトリックを決めたいけど、どんな自転車を買えばいいの?」
  • 「僕がやりたいのは、自転車トライアルとBMXどっちなんだろう…」
  • 「どっちにしようか悩む…」

“自転車トライアル(BTR)か、BMXか?”
パッと見、似たようなスポーツですからね。
本当はぜんぜん違うのですが、二択で悩んでいる人はよく見かけます。

結論、どっちを選んでも楽しいです

憧れているライダーがいるなら、同じ自転車を選ぶのが正解です。
興味を持つからには、やりたい技があるのでしょう?
過程を楽しみながら、少しづつ上達していきましょう。

「どっちも好きなんだけどどっちにしよう?」
と悩んでいるあなたは、ぜひ最後まで読んでみてください。

両方とも楽しんでいる私が、両者の違いを解説します。

  1. 自転車トライアル(BTR)とは
  2. BMXとは
  3. 両者のミックス、ストリートトライアル
  4. 自転車の違いは?
  5. 結局どっちが楽しいの?
  6. トライアル自転車とBMXってどう違うの?まとめ

自転車トライアル(BTR)とは

バイクトライアル(Bike trial/Bike trials)とは、岩場等の障害物を自転車に乗ったまま足を着けない様に越えて行く競技。
(Wikipedia引用)

BTRは、なるべく足をつかないように障害物をクリアしていくスポーツです。
このサイトでは、「モト・トライアル(オートバイトライアル)」と混同しないために、「自転車トライアル(BTR)」と表記しています。

  • 強力なブレーキが前後に取り付けられている
  • 多くのBTR専用自転車は、サドルがついていない
  • ホイールベースが長く、BBライズが高い

これらが特徴です。
ちなみにこのサイトは、BTRに関するさまざまな情報発信をしています。

>>>関連記事:【ネタ記事】ジテンシャアスレチックって収益出てるの?など。

BMXとは

BMX(ビーエムエックス、ビメックス)は、BMXとはBicycle Motocross(バイシクルモトクロス)の略で自転車競技の一種である(ワールドカップ・BMXレースはオリンピックなど)。また、その競技で使われる自転車である
(Wikipedia引用)

BMXは、バイシクルモトクロスの略です。
とはいっても、そのスタイルはさまざま。

  • バンプトラックやダートジャンプで速さを競うBMXの原点、レース
  • 街中やパークのセクションを利用してトリックを決める、ストリート
  • 平坦な場所でかっこよくトリックを決める、フラットランド

BTRと混同されがちなのは、ストリートですね。
いずれも、ブレーキはチープなものがついていることが多いです。
(あまりブレーキを使わない)

数ある自転車のなかでも、もっとも頑丈です。
ちなみに、私はストリートBMXも持っています。

両者のミックス、ストリートトライアル

ストリートトライアルは、BTRとBMXの中間のような自転車です。
主にBTR自転車のメーカーがプロデュースしています。

  • BTRのダニエルやウイリージャンプ
  • BMXのバニーホップや回転系

どちらのトリックもこなせる自転車です。
ダニエルはBTR専用車に、バニーホップはBMXに劣りますが、
「どんな技でもこなせる!」
というのがストリートトライアル自転車の魅力です。

どちらの特性も合わせ持っているので、遊べるセクションの幅がもっとも広い自転車です。
もちろん、私も持っています(笑)

自転車の違いは?

  • 「BMXでBTRはできないの?」
  • 「逆にBTRでストリート技はできないの?」

あなたには、こんな疑問があることでしょう。
自転車の特性の違いから、そんなあなたの疑問にお答えします。

いちばんの違いは、ブレーキ

いちばんの違いは、やはりブレーキです。
BMXはほとんどブレーキを使わないので、チープなものがついています。
パークやダートジャンプ専門のライダーさんだと、ノーブレーキも多いです。

それに対してBTRは、ブレーキが命。
「死ぬほど効くブレーキでないと死ぬ」
と言われるほどですので、自転車の中でも圧倒的にブレーキが強いのがBTR自転車。

「人差し指一本でらくらくロック」
と言えば伝わるでしょうか。(ガチです)

チープなブレーキのBMXは、BTRには向いていません。

ジオメトリー

BTR自転車は、ダニエルを安定させるために「長く」作られています。
前傾姿勢になるので、BMXストリート系のトリックに向いていません。

「どっちもやりたい!!」
という欲張りなあなたは、ストリートトライアル自転車を選びましょう。

>>>関連記事:【車種別も】ストリートトライアル自転車はどれを選んだらいいの?

重量と強度のバランス

  • BTR自転車:8kg前後
  • BMX:10kg前後

だいたいこれくらいです。
BMXは、ランプやバンクを使って数メートル飛ぶことが多いです。
強度重視のために、重量は重たいです。

BTRは、ほとんど自分の筋力で跳びます。
慣性の力を借りない「ゼロ発進」なので、重量は軽いほうがいいのです。
強度はBMXほど必要ありません。

価格差

  • BTR自転車:10万円から
  • BMX:6万円から

だいたいこれくらい。
ちょっとBTR自転車のほうが、お高めです。
高性能なブレーキが必要なので、どうしても値段が上がってしまうのです。

>>>関連記事:【10万円以下】トライアルを始める人におすすめの自転車5選
>>>関連記事:【3.9万円から】amazonで買えるトライアル自転車まとめ【完全網羅】

結局どっちが楽しいの?

シンプルに、心惹かれるほうを選ぶのが楽しいです。
「この動画かっこいい!!」
と思ったほうを選ぶのが、正解です。

このサイトはBTRの情報発信サイトですが、私はBMXも好きです。
BTR贔屓の記事を書くつもりはありません。

両方に乗っている私が、思うことを書いておきます。
自転車選びのヒントにしてください。

BTRをやっていて思うこと

  • スピードを出さなくていいので、ケガが少ない
  • 勝手にMTBやBMXの技術も身につく
  • 狭い場所でも楽しめる
メインの遊び場:トライアル場、自宅

BTRは、「もっともスピードの遅い自転車スポーツ」です。
実力に見合わない技をやらなければ、それほど恐怖を感じることがありません。
私はけっこうビビリなので、BTRが性に合っています(笑)

年齢層は10台以下~60代と幅が広いです。

BMXをやっていて思うこと

  • スピードをのせてトリックを決めると気持ちいい
  • 回転系やバニーホップの習得が速い
  • ハデに転んでも壊れにくい
メインの遊び場:パーク、ダートジャンプ

BMXは、ハイスピードのトリック向けに作られています。
スピードがあれば、同じ技でもかっこよく見えたりします。
「ケガ上等!転んでナンボ!」という若者ライダー向けですね。

圧倒的に若者が多いです。

トライアル自転車とBMXってどう違うの?まとめ

  • 憧れた動画と同じ自転車を選ぶのが正解です
  • BTRは、強力なブレーキがいちばんの特徴です
  • BMXは、丈夫でコンパクトに作られているのが特徴です
  • ストリートトライアル自転車は、両者の中間です
  • BMXのほうがちょっと安いです
  • BTR自転車は、スピードを出さないので怖くないです
  • BMXは、スピードを出してトリックを決めると気持ちいいです