【自転車トライアル】スマートな乗りかたなら、中高年でも上達できる

テクニック

  • 「なんか自分の乗りかたは汚い気がする…」
  • 「着地で足をついてしまいがち…」
  • 「体力も落ちてきたし、もう無理かな」

登れるけどなんか不恰好…
そんなことを言われたあなたは、力任せの乗りかたになってしまっています。
「登れたからOK!」
そうなのですが、できればスマートにかっこよく乗りたいですよね。

スマートな乗りかたをすれば、あなたはもっと上手になれます

スマート=無駄のない乗りかたなら、身体能力は必要ありません。
力を使うのは、ほんの一瞬だけ。
あとは、体重と慣性が自転車を導いてくれます。
これが自転車トライアル(BTR)は、子供や中高年でも楽しめるといわれる所以です。

かくいう私も、「ダニエルが汚いww」と言われます(笑)
ステアケースやウイリージャンプは得意ですが、いつもダニエルで息が上がります。
ダニエルで疲れていては、ダニパラやダニ跳びなんてできません。
だからスマートな乗りかたが、上達の鍵になるんですよ。

  • 息が上がらなくなる
  • 体力MAXで難所に挑める
  • 大人になってからでも上達止まらない

「スマートに乗る」を意識して、上達し続けましょう。
そして、いつまでもBTRを楽しみましょう。

  1. スマートな乗りかたをするメリットは無限大
  2. なぜ汚い乗りかたになるのか?
  3. スマートな乗りかたをするためには?
  4. スマートな乗りかた実例編
  5. トライアル場や大会に行くのもおすすめ
  6. スマートな乗りかたが上達の鍵まとめ

スマートな乗りかたをするメリットは無限大

  • 勢いを殺さない
  • ワンアクションで完結する
  • 体力を使わない

こういう乗りかたが、スマートな乗りかたです。
BTR上級者は、例に漏れずこういう乗りかたをしていますよね。
身体能力を使うのは、ここ一発の飛距離が必要なときだけです。

こういう乗りかたなら、子供や中高年から始めたライダーさんでも楽しめます。
そして、上達が止まることなくずっとBTRを楽しむことができます。

スマートな乗りかたなら、子供でも楽しめる

5歳の子供が「ホッピングで30cm跳ぶ!」なんて無理ですよね(笑)
自転車なしで垂直跳びでも無理です。
でも実際には、30cmのステアケースをクリアする子はたくさん居ます。

スマートな乗りかたができているからです。
というより身体能力が低い子供の場合、それしかできないんですよね。
だからスマートな乗り方が自然と身につくんですよ。
止まったら進めないので、勢いを殺さないように乗るようになります。

BTRの大会では、大人が子供に負けることは日常茶飯事です(笑)
トップライダーの多くは、子供のころからBTRを練習していますしね。

スマートな乗りかたなら、中高年でも楽しめる

スマートな乗りかたを身につけることは、中高年の方に特におすすめです。
5歳の子供でもできるんですから、あなたにもできます。

とんでもない身体能力で跳ぶことだけが、BTRではありません。
「力を使わずに、身体の運びだけでクリアする」
これもBTRの醍醐味です。
人より楽にクリアできると、「してやったり感」がありますよ(笑)

「100cmのダニパラ」ができなくても、
「50cmのステアケース二回」でクリアすればいいんです。

実際に、「斉藤パパさん」は60代ですが、現役でBTRを楽しんでいます。

中高年の自転車トライアル 493 3か月ぶりの20インチ

上達が止まらない

  • 「止まるところはさっさと止まる」
  • 「必要ないところは止まらない」

スマートな乗りかたは、これに尽きます。
これができると、上達が止まることがありません。

たとえばウイリージャンプの途中で止まったら、もう跳べませんよね。
いちいち止まっていたら、ウイリージャンプは一生できません(笑)
オットピやステアケースも同じです。
無駄に止まっていては、いつまでも上達できません。

ちなみに、ウイリージャンプのHowtoはこちらです

>>>関連記事:【離陸まで】1日でウイリージャンプを習得!【自転車トライアル】

なぜ汚い乗りかたになるのか?

  • いちいち止まってスタンディング
  • 止まったところから力任せにホッピング
  • 着地で余裕がなく、足つき減点

こういうのが、汚い乗りかたです。
耳が痛かったらすみません(笑)

「失敗したくないから、止まって慎重にいこう!!」
と思ってしまうから、無駄に止まってしまうんですよ。
意図は理解できますが、これではいつまでも上達できません。

「無駄のない動きをすること」
どんなスポーツにおいても、上達をするためには必要不可欠なことです。
失敗を恐れず、トライしていきましょう。

自転車”トライ”アルですからね!

スマートな乗りかたをするためには?

「スマートな乗りかたをするにはどうしたらいいの?」
シンプルに、意識することです。

  • 今の乗りかたスマートだった!
  • もっとラクに行けるんじゃないか?
  • あの人はもっとスムースな気がする。何が違うんだろう?

こんな感じですね。
イメージが湧きづらいので、今すぐできる具体的な意識を紹介します。

着地後の自分をイメージする

「逆足で漕ぎあげてハンドルを胸にひきつけてフロントタイヤが…」
こういう意識では、頭に余裕がなさすぎます。
ある程度動きが身についたら、「着地後」だけイメージしましょう。

これが着地後ですね。
これをイメージして、ステアケースに挑みましょう。
「身体をこの位置にもっていけば、着地はここになるな」
というイメージです。

「車は見た方向に進む」と同じです。
着地を見据えていれば、どう動けばいいのか無意識にわかります。

目的地に身体をもっていく

  • オットピなら前に
  • ウイリージャンプなら上に
  • ステアケースならななめ上に

BTRの基本は、目的地に身体をもっていくことです。
複雑に考えすぎると、体が思うように動きません。
その結果、登りきれずにしかたなくホッピング…となるわけです。
ひとつのことに集中したほうが、人間は能力を発揮できます。

「身体を着地点に運ぶにはどうしたらいいか?」
これだけを考えてください。
これなら、あなたの身体はしっかり要求に応えてくれます。

なるべくシンプルに考えましょう。
「身体をもっていく」を詳しく知りたいあなたは、こちらの記事をどうぞ。

>>>関連記事:自転車トライアルの練習でもっとも大事な基礎【身体をもっていく】

スマートな乗りかたの実例編

「スマートな乗りかたを見せて!」
と思っている方も多いと思うので、紹介します。

2段、3段と止まることなくひょいひょいクリアしています。
ラク~にクリアしているのが、わかりますよね。

たとえば、ここで止まってしまったら…


「突き出し」でクリアしなければいけません。
突き出しはめちゃくちゃ体力を使うので、使いたくない技ランキング上位です(笑)

とらパパさんのように、スマートにクリアしてしまいましょう。
とらパパさんは、めちゃくちゃ身体能力が高いわけではありません。
筋力ではなくテクニックですから、あなたにもできますよ!

トライアル場や大会に行くのもおすすめ

いろいろ紹介しましたが、やはりいちばん効果的なのは
「人のまねをしてみること」です。
まねをするためには、やはり人と同じ場所にトライするのがいちばん。
「自分よりちょっとだけ上手な人」だと最高ですね!

トライアル場で誰かと一緒に遊ぶと、一気に上達できます。
「課題が見つかる」のが、いちばん嬉しいですね。
その場で取り組むもよし、課題を持ち帰って自宅で練習するのもよし。
とにかく楽しいので、トライアル場に行ってみてください。

「うおーやる気出てきた!!」
そんなあなたは、週末にトライアル場に行ってみましょう。

「BTRを○○県のトライアル場教えてください! #自転車トライアル」
みたいな感じでSNSで呟いてみてください。
ついでに遊び相手も見つかるかもしれません!

>>>関連記事:自転車トライアルのショップ一覧【やっぱり目でみて買いたい】

ショップさんに問い合わせてみるのも、いい方法です。
ついでに買い物をするのも楽しいですが、散財に気をつけて(笑)

トライアル場まとめ記事執筆中…

今しばらくお待ちください…

スマートな乗りかたなら、中高年でも上達できるまとめ

  • スマートな乗りかたをすれば、いつまでも上達できる
  • スマートな乗りかたなら、身体能力は必要ない
  • スマートな乗りかたなら、子供や中高年でも楽しめる
  • 実際に自転車トライアルを楽しむお子さんや60代は多い
  • 複雑に考えると、体が動きません
  • なるべくシンプルに考えましょう
  • 「着地をイメージする」「身体をもっていく」これだけです
  • トライアル場や大会に行くのが、もっとも上達します
  • SNSでトライアル場を探しましょう