【ハンドル】トライアル自転車のブレーキレバー角度はどれがいい?

パーツ

  • 「よく手にマメができる」
  • 「距離のあるオットピで手首ひねった…」
  • 「後ろにまくれやすくて困ってる」

そんなあなたは、ブレーキレバーの角度が合っていないかもしれません。
ハンドルバーは気にしても、ブレーキレバーって意外と盲点なんですよね。

自転車トライアル(BTR)は、
自転車スポーツの中でもさまざまな姿勢を使います。

BMXのフラットランドほどではありませんが(笑)

今回実験的にいろいろな角度を試しましたが、
「別の自転車?」
と感じるほどの変化がありました。

ブレーキレバーの角度を勉強して、あなたの自転車をより乗りやすくしましょう。
MTBでも間違っている人が多いので、教えてあげてください!

  1. ブレーキレバーの角度を下向きにすると
  2. ブレーキレバーの角度を水平にすると
  3. ブレーキレバーの角度を「どの技に」合わせる?
  4. 悩んだらこれ!ブレーキレバーのおすすめ角度
  5. トライアル自転車のブレーキレバーまとめ

ブレーキレバーの角度を下向きにすると

ブレーキレバーレバーを下向きにするとどうなるでしょう?
BMXで見かける角度ですね。

結論から言うと、この角度はおすすめしません。
上達が遅くなるばかりでなく、手首をけがするリスクも高くなります。

BMXはほぼブレーキを使わないので、「じゃまにならない位置に」ということでしょうね。

ハンドルバーを真上から持ってしまう

スタンディングの姿勢です。
「肩がハンドルバーの真上」です。

ちょっと乗りなれた人なら、よくないことがわかるはずです。
フロントアップの基本動作「腰を引く」ができません。

これでは、正しい動作を覚えることができません。

「極端に小さい自転車に乗っている人」
なら、真上にハンドルを引きやすくて良いかもしれませんね。
フロントがパカパカ上がるので、ハンドルを真上を引くだけでフロントアップできます。
BMXやストリートトライアルなどですね。

オットピの着地で手首をひねってしまう

オットピの跳ぶ直前です。
まあ自然な感じに見えますね。

オットピの着地です。
これでは、着地のブレーキに耐えられません。
手首を前にひねってしまいますし、刺さりやすくなります。

フロント下がりはさらに危険

フロント下がりの姿勢はさらに危険です。
手首が前に折れ曲がっていては、コントロールは不可能です。

耐えられなかったので、ブレーキレバーの角度を戻しました(笑)

ダニエルの角度が限定される

ダニエルしてみると、この角度で安定します。
後ろにまくれやすくて微妙です。

無理やり低いダニエルにすると、今度は手のひらが痛いです。
「前にひねる力」がずっとかかっていますからね。
ダニエルキープも重く感じます。

突き出しはやりやすい

突き出しの姿勢はラクです。
思いきり前傾できるので、後ろにまくれにくくなります。

ただし、「ハンガー」からの突き出しは難しいです。
腰を引いてから「ハンドルを引く力」で跳ぶ、究極の突き出しですね。

ひじが上がってしまうので、腰を引くとまくれてしまいます。
ハンガー突き出しは無理そう。

結論、ほとんどメリットなし

  • 手首を前にひねりやすくなる
  • ダニエルで後ろにまくれやすくなる
  • 手のひらが痛くなる
  • ハンガー突き出しがやりづらくなる
  • ふつうの突き出しはやりやすい
  • 前下がりの姿勢が危険

ほとんどメリットがありませんでした。

  • 「手にマメができやすい」
  • 「フロント下がりが怖い」

そんなあなたは、ブレーキレバーの角度が合っていないかもしれません。

ブレーキレバーの角度を水平にすると

では、ブレーキレバーを水平にするとどうでしょう?
ちょっとやりすぎな気もしますが、上級者に多い角度です。

意外や意外、けっこう乗りやすいんです。
その理由を画像つきで解説していきましょう。

腰が引きやすい

スタンディングは、すごく自然な感じです!
ちょっと手首がつらそうですが、許容範囲。
スタンディングは力を使いませんしね。

腰が引けるので、フロントアップもラクです。

オットピの着地で耐えられる

オットピで跳ぶ直前です。
この姿勢でいちばんしっくり来ますね。

オットピの着地です。
これなら、ブレーキの力にも耐えられます!
手首がまっすぐなので、ハンドルバーを押しやすいです。

つまり、「刺し」もやりやすいということになります。

ダニエルの角度が下げられる

極端に立てなくてもダニエルがラクです。

立てたダニエルもできます。
ちょっと手首が苦しい感じですが、まあ頻繁には使いませんからね。

突き出しで後ろにまくれやすい

見てのとおり、手首が限界です。
立てたダニエルが苦しいのと同じ原理ですね。

腰を引いた姿勢は作りやすいです。
もっと腰を引いても耐えられます。

上級者がブレーキレバーを水平にするのは、
「ハンガー突き出しをやりやすく」という理由がひとつです。

腕を伸ばしきった姿勢がラク

  • 腕が適度にまがっている
  • 腕を伸ばしきっている

あなたは、どちらがハンドル操作をしやすいですか?
もちろん、適度に曲がっているほうですよね。

そう、前下がりの姿勢はいちばんコントロールが効かないんです。
ブレーキレバー水平は、前下がりの姿勢に強くなります。

ブレーキレバー水平はメリットが多い。やりすぎはダメ。

  • 腰が引きやすく、フロントアップがラク
  • オットピのブレーキに耐えられる
  • 低いダニエルもできるようになる
  • 突き出しはやりづらい
  • ハンガー突き出しがやりやすい
  • 前下がりの姿勢がラク

極端に水平にしてみましたが、意外にも乗りやすく感じました。
「ハンガー突き出し」「沿わし降り」などに、おおきなメリットがあります。

「フロントを高いところに置くシチュエーション」
には弱いです。
水平にしすぎも良くありません。

ブレーキレバーの角度を「どの技に」合わせる?

  • ブレーキレバーを立てたとき
  • ブレーキレバーを水平にしたとき

それぞれのメリットは、おわかりいただけましたか?
思った以上に乗り味が変わるので、自分でもびっくりしています。

「じゃあ、どの角度にしよう?」
という話になるのですが、

  • 練習中の技に合わせる
  • 苦手な技に合わせる
  • いちばん辛い技に合わせる

こんな感じでセッティングするのがおすすめです。

「ちょっとまくれやすいから立て気味に」
「腕が伸びきると辛いから水平気味に」

こんな感じですね。
練習中の技があるなら、その技に合わせるのもアリです。

悩んだらこれ!ブレーキレバーのおすすめ角度

  • 「そんなこと言われても、いろんな技練習中だよ!」
  • 「BTR始めたばかりでわかりません!!」
  • 「練習に集中したいから、工具を握りたくない!!」

そんな方もいらっしゃることでしょう。
そう思って、「ベースセッティング」を準備しました。

悩んだら、30~40度くらいにセッティングしましょう。

これくらいなら、だいたいどの技もいい具合です。
「バニーホップ」はやりづらいですが、ほとんど使わないでしょう(笑)

では実際に、どんな感じになるのか見ていきましょう。

スタンディングとオットピにベストマッチ!

スタンディングやオットピでは、手首がまっすぐになっています。
どこにも負担がかかっていなくて、理想的です!

ダニエルも上々!

違和感がないですよね。
手首がまっすぐです。

突き出しはまあまあ

突き出しはちょっと苦しいですが、許容範囲。
突き出しは一瞬なので、ガマンしましょう(笑)

基本①手首の負担がすくない角度

私は腱鞘炎をこじらせ、10年間自転車に乗れませんでした。
間違ったポジションでずっと練習していたからです。

この記事を読んでいるあなたには、そうなって欲しくないと思っています。
スポーツでもっともたいせつなことは、

けがをしないこと。ですよね?

けがを防ぐためにブレーキレバーは、
「手首が無理をしない角度」にするのがベターです。
「手首がまっすぐ」なら、手首の負担がすくないですよね。

基本②いちばん辛い技に合わせる

いちばん辛い技とは、
「腕が伸びきって、コントロールが効かない技」です。

「沿わし降り」や、

「ダニ跳び」「ダニパラ」「ウイリージャンプ」などですね。

思いきり跳んだ直後は、余裕がありません。
そんなときこそ、コントロール性が求められるんです。

「なんとなく思いきり跳べない…」
そんなあなたは無意識に、大ジャンプ後のクラッシュを恐れているかもしれません。
ブレーキレバーを見直してみましょう。

※斉藤パパさん監修のもと、加筆しています

関連記事

>>>関連記事:【ハンドルポジション】トライアル自転車のハンドル前倒しは悪?
>>>関連記事:自転車トライアルの上達に最強の方法:けがしないこと

トライアル自転車のブレーキレバーまとめ

  • ブレーキレバーの角度で、乗り味はおおきく変化する
  • ブレーキレバーが下向きのメリットはほとんどない
  • ブレーキレバーが下向きだと、ふつうの突き出しはやりやすい
  • ブレーキレバーが水平だと、フロントアップがラクになる
  • ブレーキレバーが水平だと、オットピがやりやすい
  • ブレーキレバーが水平だと、ブレーキに耐えられる
  • ブレーキレバーが水平だと、ハンガー突き出しがやりやすい
  • 水平にしすぎは良くない
  • おすすめ角度は、30~40度
  • 30~40度なら、多くのテクニックに対応できる
  • けがをしないためには、手首がまっすぐになる角度!