【ブレーキガチ効き】自転車トライアルのサンディングHowto

パーツ

  • 「僕の自転車はリムブレーキだけど、あんまり効かない…」
  • 「なんでみんなのブレーキはあんなに効くの?」
  • 「やっぱりVブレーキじゃだめなのかな?」
  • 「やっぱり油圧ディスクじゃないとダメ?」

それたぶん、「サンディング」をしていないからです。
サンディングとは、
ブレーキを効かせるために、リムにギザギザ加工することです。

自転車トライアル(BTR)以外ではやらないので、
聞きなれない人もいるかもしれませんね。
そもそもMTBでは、ディスクブレーキが主流ですしね。
(ディスクブレーキにはサンディングしないでください)

このサンディング、
リムブレーキのBTRライダーは、ほぼ100%やっています。
BTRは、ブレーキの効きがもっとも重要ですからね。
リムブレーキのあなたは、絶対やってください。

「高いところからダニ跳びで着地!」
こんな場面でブレーキが滑ったら…ああ恐ろしい。

ちょっとだけこつが必要ですが、慣れたらかんたんですよ。
「サンディング+トライアル用のシュー+健康なブレーキ」
これで、ブレーキの効きはばっちりです。

効かないはずがありません。

BTRには必要不可欠な、サンディングのやり方を解説します。

  1. サンディングのやり方はどんな感じ?
  2. グラインダーサンディングがおすすめです
  3. いろいろなグラインダーディスクを試しました
  4. 自転車トライアルに強いショップでもやってくれます
  5. それでも効かないんだけど!?
  6. 自転車トライアルのサンディングHowtoまとめ

サンディングのやり方はどんな感じ?

サンディングのやりかたは、三種類です。
それぞれにメリットがあります。

金のこを使う方法

古くからある方法ですね。
金のこでギコギコしてリムをギザギザにします。

メリット:音がほぼ出ない
デメリット:凸凹をまっすぐにしづらい、時間がかかる、力が必要

作業時間は、だいたい1時間くらいですね。
この方法でもバッチリ効きますが、かなり疲れます(笑)

EB-SK11 アルミダイカスト製金切鋸 MCS-II 税込432円

カッターを使う方法

これは一時期はやった方法です。
カッターで放射状に1本1本傷を入れていきます。

メリット:音がほぼ出ない、失敗がほとんどない
デメリット:時間がかかる

作業時間は、2~3時間かかります(笑)
長時間作業が苦にならないなら、これでもOKです。
私は腱鞘炎になるので無理です。

Amazonベーシック ユーティリティナイフ ブレード25個付き 税込1,493円(amazon)

グラインダーを使う方法

ショップさんはだいたいこの方法ですね。
今回は、この方法を解説します。
いちどコツを覚えたら、もう手作業には戻れません(笑)

メリット:もっとも時間がかからない、慣れたらきれいにできる
デメリット:ちょっとこつがいる、危険な工具である

作業時間は、10分くらいです。
グラインダーを使うのが、圧倒的にラクなんです。
ちょっとコツは必要ですが、
グラインダーに慣れている人ならすぐに覚えられますよ。

イチネン ミツトモ ディスクグラインダー GS-001 税込3,051円(amazon)

グラインダーサンディングがおすすめです

  • 圧倒的に作業時間が短い
  • 慣れたらきれいにできる
  • ショップさんもこの方法

という理由で、私はグラインダーサンディング派です。
1時間整備するよりも、1時間乗っていたいですから(笑)

慣れないうちは、きれいに放射状にならないかもしれません。
でもギザギザになっていれば、とりあえず効くので大丈夫ですよ。

失敗しないためのグラインダーサンディングを紹介します。

保護メガネは必須!軍手は厳禁!

言わずもがな、削れたアルミの粉が飛んできます。
刺さると病院で抜いてもらわなければいけません。
保護メガネはかならずしましょう。

あと、軍手は絶対にしたらいけません。
回転しているディスクに巻き込まれます。
素手か皮手で作業しましょう。グラインダーの基本です。

TRUSCO 一眼型セーフティグラス(透明) 税込231円(amazon)
TRUSCO(トラスコ) 革手袋普及タイプ 税込372円(amazon)

こつ①:グラインダーの芯で削る

グラインダーの芯をリムの上にもってきます。
「きれいに放射状」に削るためですね。
きれいに放射状にするこつは、これだけです(笑)
意外とかんたん。

多少ななめになっても効きますが、
見た目がきれいなほうが良いですよね。

角度は浅く

これくらいの角度で削りましょう。
グラインダーをまんべんなく当てるためです。

まあ、言わずもがなって感じですよね。
直角に当てたら「削る」じゃなくて「切って」しまいます(笑)

はい、こつはこれだけ。

力は必要ない

力はほとんど必要ありません。
「グラインダーがずれないように」するだけです。
回転力で勝手に削れていきますから。

いろいろなグラインダーディスクを試しました

というわけで、こつはこれだけです。
グラインダーに慣れている人なら、すぐに慣れますよ。
私は10年ぶりにやりましたが、1/4周でリハビリできました。

「やりかたはわかった。でもどんなディスクを使ったらいいの?」

という疑問をお持ちの方もいらっしゃることでしょう。
いろんなディスクを購入して検証しました。

スパークディスク

「紙ヤスリがたくさんついているタイプ」
のグラインダーディスクですね。
扱いがかんたんなので、削る用途には便利です。

サンディングにはどうでしょう?

結論:ぜんぜんダメ
そりゃそうですよね。
紙ヤスリですから、深い傷にはなりません。
むしろツルツルになってしまいました。

スパークディスクは、サンディングに使えません。

切断刃

金属を切断するためのディスクです。
ハンドルバーを切るときによく使います。
(ミスしたくない人は、パイプカッターか高速カッターを使いましょう)

深い傷がつきそうですが、どうでしょう?

結論:使えなくはない
「手元にこれしかないよ~」
というときは、まあこれでもいいかなという感じ。
傷が浅いので、サンディングの持ちは良くないです。

切削刃

写真撮り忘れました、赤っぽいやつです

金属を削るためのディスクです。
今回検証したディスクの中で、もっとも正しい用途といえます。
「最初からそれ使えよ」という感じですね(笑)

結論:いい感じ!
いい感じに深い傷がつきます!
扱いもラクなので、グラインダー初心者さんにもおすすめです。

SK11 ディスクグラインダー用 鉄工・ステンレス用 税込625円(amazon)

ダイヤモンドカッター

コンクリートなどを切る用のディスクです。
「自転車屋のどか」さんもこれを使っていたので、まねしました。
私は初めて使うディスクですが、どうでしょう?

結論:いちばん深い傷がつく!
私はこれが気に入りました。
傷が深いので、サンディングの持ちがいいです。
自転車屋のどかさんが使うだけありますね。

ただし、扱いはちょっと難しいです。
グラインダーに慣れていないと、削りすぎるかも。
初心者さんは、切削刃のほうが扱いやすいです。

GREAT TOOL ダイヤモンドカッター セグメントタイプ 税込555円(amazon)

私はホームセンターで1700円で買いました…↓

傷が深ければ良いというものでもない

「切削刃」「ダイヤモンドカッター」
なら、充分な効きになります。

しかし、傷は深ければいいというものでもありません。
「シューとの相性」なんですよね。
そのあたりは、いろいろお試しください!

「傷が深いほうがサンディングが長持ちする」
というメリットがあるので、私はダイヤモンドカッター一択です。
頻繁にサンディングしたくないので(笑)

グラインダー本体はどれがいい?

なんでもいいです(笑)
サンディングに使う程度なら、速さやトルクは必要ありません。
すでにグラインダーを持っているなら、手持ちのものでOKです。

イチネン ミツトモ ディスクグラインダー GS-001 税込3,051円(amazon)

自転車トライアルに強いショップでもやってくれます

  • 「グラインダーはちょっと怖いな~」
  • 「住宅街だから、音が出る工具はちょっと…」

環境によっては、グラインダーはちょっと使いづらいですよね。
あなたがグラインダーを使えない事情があるのなら、
ショップに依頼する方法もあります。

>>>関連記事:自転車トライアルのショップ一覧【やっぱり目でみて買いたい】

こちらから、問い合わせてみてください。
BTRに強いショップさんなら、サンディングしてくれますよ。

自転車屋のどかさんのサンディングはすごかった

「ダイヤモンドディスク」
を使うのは、自転車屋のどかさんから教えてもらいました。
のどかさんのサンディングはすごいんですよ。

バイスに固定して、ホイールを回しながら作業するのですが、
すっごい綺麗に放射状のサンディングをするんです。
「僕は日本一サンディングしている」
というだけあります(笑)

「自分でやりたいな~」
と思っているあなたも、
いちどプロの作業を見てみると良いかもしれませんね。

関連リンク:自転車屋のどか

あっ、僕には無理!となったら

それも懸命な判断です(笑)

個人的には、
「とりあえずやってみる!!」
というのがトライアラーと思っていますけどね(笑)

グラインダーは危険な工具ですから、無理は禁物です。

それでも効かないんだけど!?

「サンディングしたけど効かない!!」
そんな場合、どこかが壊れています。

「健康なブレーキ」+「サンディング」+「トライアル用のシュー」
これで効かないということは、絶対にありません。

あなたのブレーキが効かない理由を解説します。

エアが噛んでいる(油圧リムブレーキ)

「なんかタッチがぐにゃぐにゃする…」
そんな場合、ブレーキがエア噛みを起こしています。
エア抜きをしましょう。

>>>関連記事:【いつでも全開】自転車トライアルに絶対必要な工具って?

ブレーキワイヤーが古い(Vブレーキ)

「レバーを引くとゴリゴリした感触がある」
そんな場合、ブレーキワイヤーが古くなっています。
ワイヤーを交換しましょう。

最悪、ワイヤーが切れてノーブレーキになります。

>>>関連記事:【トップライダー愛用】油圧に負けない正しいVブレーキセッティング

シューがまっすぐ当たっていない

Vブレーキによくあります。
Vブレーキのシューは、角度が調整できるようになっています。
一度ゆるめて、シューがまっすぐ当たるように調整しましょう。

>>>関連記事:【トップライダー愛用】油圧に負けない正しいVブレーキセッティング

そもそもディスクブレーキでした

ディスクブレーキにサンディングはしないでください。

自転車トライアルのサンディングHowtoまとめ

  • 自転車トライアルでサンディングをするのは基本です
  • 99%のリムブレーキが、サンディングをしています
  • グラインダーでサンディングをするのがおすすめです
  • 作業時間が圧倒的にすくないです
  • グラインダーの芯でリムに当てましょう
  • なるべく浅い角度でグラインダーを当てましょう
  • 切削刃かダイヤモンドディスクがおすすめです
  • 切削刃は扱いがかんたんです
  • ダイヤモンドディスクはサンディングが長持ちします
  • サンディングとシューの相性があります
  • 切削刃かダイヤモンドディスクなら、とりあえず充分効きます
  • ショップでもサンディングしてもらえます
  • サンディング+トライアル用のシュー+健康なブレーキなら絶対効きます
  • サンディングしても効かないなら、どこかがおかしいです