【これから始めるあなたへ】自転車トライアルってどんなスポーツ?

トライアル

このブログ、ジテンシャアスレチックでは、
自転車トライアル(BTR)・ストリートトライアルの情報発信をしています。

  • 自転車の選びかた
  • メンテナンスの方法
  • テクニックHowto

などを発信していますが、

「そもそも自転車トライアルってなに??」
という方も多いと思うんですよ。
この記事にたどり着いたあなたもそうでしょう?

というわけで今回は、
自転車トライアル(BTR)について、
初心者でもわかりやすくざっくりと解説します。

  1. 自転車トライアルはどんなスポーツ?
  2. 自転車トライアルの楽しみかたは?
  3. 自転車トライアルはどんな自転車を使うの?
  4. 自転車トライアルをはじめるにはどうしたらいいの?
  5. 自転車トライアルはどこで遊んだらいいの?
  6. 自転車トライアル自転車はどこで買ったらいいの?
  7. 自転車トライアル・ストリートトライアルってなに?まとめ

トライアルはどんなスポーツ?

自転車トライアル(BTR)は、
足をつかずに難所をクリアするスポーツです。

もともとはモト・トライアルの派生ですね。
オートバイの練習として生まれましたが、
今では自転車トライアルとして独立しています。

西窪友海さんで有名な、
「ストリートトライアル」というのもありますね。
ストリートとトライアルを融合した、「魅せる」スポーツです。

>>>関連記事:ストリートトライアルと自転車トライアルどっちを始めよう?おすすめ

自転車トライアルはレベルに合わせてコースを選べる

競技としての自転車トライアルは、
主催が決めたセクション(コース)を走ります。

  • ピンククラス
  • 白クラス
  • 青クラス
  • 緑クラス
  • 赤クラス
  • 黄色クラス

に分かれていて、レベルに合わせてセクションを選べます。
ロードレースやクロカンだと、
みんな同じコースを走る場合がほとんどです。

自転車トライアル(BTR)なら、
自分のレベルに合わせてセクションを選べるので、
「まだウイリーしかできないよ!」
そんなあなたでも、無理なく楽しめます。

公式戦だと、年齢と成績で決まったりしますね。
まずは「練習会」や「ローカル大会」に出てみるのが良いでしょう。

>>>関連記事:【怖くないです】はじめての自転車トライアル大会Q&A

大会に出なくても、
自転車トライアル(BTR)を楽しんでいる人はいます。
たま~に大会に顔を出すくらいの人が多いですね。(後述)

自転車トライアルの楽しみかたは?

自転車トライアルの楽しみかたは、人それぞれです。
「とにかく勝ちたい!!」というガチ勢も居れば、
「大会はみんなと遊ぶため!」という方も大勢います。

とにかく勝ちを狙うガチ勢

「黄色クラス」(一番上のクラス)
を走るライダーは、ほとんどがガチ勢です。
彼らの走りは、見ているだけで楽しめますよ。

「うっそー、こんなことできるの!?」
みたいな見ごたえがあるのも、
自転車トライアル(BTR)の魅力です。

みんなと遊ぶために大会に行く

自転車トライアル(BTR)を楽しむ人のほとんどが、
「わいわい楽しむため」に大会に参加しています。

大会というか、
「みんなが集まる交流場」のような感じなんですよね。
いちおう競技形式になっていますが、
目当ては「競技後に自然発生する練習会」だったりします(笑)

「興味あるけど自転車ないし…」
そんなあなたも、観戦してみたらいかがですか?

「自転車トライアルに興味があるんです!」
と声をかけてみてください。
試乗させてもらえるかもしれませんよ。
(私はぜんぜんウェルカムです。)

>>>関連記事:【怖くないです】はじめての自転車トライアル大会Q&A

大会に出ずに、友達と遊ぶ

※この動画は刺激が強いです(笑)

「少人数で遊ぶほうが合ってる!」
というライダーも、もちろん居ます。
そういうライダーさんはSNSやLINEで、
「この日どう?」
と連絡をとったりしていますね。

  • SNSで発信をする
  • トライアル場に行く
  • 近所のショップに顔を出して聞く

自転車トライアルの友達は、
こんな方法ですぐに見つかると思いますよ。

あっ、新潟県の方が居たら私に声かけてください!

>>>関連記事:自転車トライアルのショップ一覧【やっぱり目でみて買いたい】

家の前で楽しむ

家の前の平地でも気軽に楽しめるのが、
自転車トライアル(BTR)の魅力のひとつです。

家の前で鍛えたバランスを、友達に見せてあげましょう!

>>>関連記事:自転車トライアルなら外出自粛中でもちょっと刺激的に楽しめる!

自転車トライアルはどんな自転車を使うの?

「トライアル自転車」「トライアル専用車」「トラ車」
と呼ばれる、専用の自転車を使うことが多いです。

  • ほとんどはサドルがない
  • ホイールベースが長い
  • BBハイトが高い

ややこしいので、
「めっちゃダニエルしやすい自転車」
と思ってください(笑)

>>>関連記事:【2021】これから自転車トライアルを始める人におすすめの自転車

専用車じゃないとダメ?

ふつうのMTBでも楽しめます!
特に初心者のうちは、
無理のないポジションで乗れるMTBがおすすめです。

「ダニエルしたくてしょうがない!!」
となったら、トライアル専用車を買いましょう。

はじめは、ふつうのMTBでも大丈夫。

>>>関連記事:はじめての自転車トライアルにMTBがおすすめの理由
>>>関連記事:MTBで自転車トライアルを楽しむのに必要なカスタムは?【パーツ】

ストリートトライアル自転車もある

ストリートトライアル自転車は、
トライアル自転車とBMXをかけ合わせたような自転車です。

「自転車トライアルとストリートトライアルで悩んでる」
そんなあなたは、
“ストリートトライアル自転車でどっちもやる”
のもおすすめですよ。

ストリートトライアル自転車なら、どっちもいけます。

>>>関連記事:ストリートトライアルと自転車トライアルどっちを始めよう?おすすめ

自転車トライアルをはじめるにはどうしたらいいの?

手持ちの自転車で、やりたい技にチャレンジしてください。
それだけで、あなたはもうトライアルライダーです!

「自転車を買うのがスタート」
なんて野暮なことは言いません。
“トライ”アルですから、まずは挑戦することです。

「やべー楽しい!!もっと本格的にやりたい!!」
そうなったら、トライアル自転車を買いましょう。

>>>関連記事:【2021】これから自転車トライアルを始める人におすすめの自転車

8の字ターンがおすすめです

  • 「ダニエルしようと思ったけどぜんぜんわからん!!」
  • 「ウイリーするのこわい!!」

でしょうね(笑)
けっこうな高等技術ですから。

そんなあなたは、「8の字ターン」をやってみてください。
一見地味な練習ですがこれをやると、
あっという間にスタンディングできるようになります。

横のバランスのコントロールですからね。
最初はけっこうむずかしいと思いますよ(笑)

>>>関連記事:【8の字ターン】幸せになれるスタンディングより基本の練習

スタンディングの練習はしなくていいです

スタンディングの練習はしなくていいです。
理由は、

  • シンプルにつまらないから
  • シンプルにつまらないから
  • シンプルにつまらないから

もちろん練習するのは良いことですが、
私はスタンディングの練習が嫌いです(笑)
練習しているうちに自然に覚えますし、
必要になったら覚えればいいんです。(たぶん)

>>>関連記事:【練習より挑戦】自転車トライアルは練習するな!

もっと自転車トライアルの技を知りたい!

  • 「スタンディングはできるようになった!」
  • 「もうすこしむずかしい技に挑戦したい!」

そんなあなたは、
「この技ならできそう!」を探してみてください。
BaTNさんの動画では、初心者でも挑戦しやすい技を紹介しています。

ちょっと本格的にやりたくなったら

  • トライアル場に行く
  • SNSで人の技をまねしてみる
  • SNSに動画をアップする

こんな感じでやってみてください。
アドバイスをもらったり、褒めてもらったりできます。

「今度一緒に遊ぼうぜ!」
と誘われることもあるかもしれません!

自転車トライアルはどこで遊んだらいいの?

  • 仕事終わりにちょっとだけ家の前で練習
  • 休日はトライアル場で思いっきり遊ぶ
  • ドライブついでに見つけた場所でちょっと遊ぶ

こんな感じで遊んでいるライダーが多いです。

自宅練習でバランスを磨く

自宅練習でちょっとしたバランス練習をすると、
休日のトライアル場がぐっと楽しくなりますよ。

ハデに見える技も、ただの垂直跳びだったりするんです。
しっかりバランスをとって「止まる」ことができると、
「むずかしそう…」
と感じている技も、シンプルに理解することができますよ。

>>>関連記事:自転車トライアルの練習でもっとも大事な基礎【身体をもっていく】

休日のトライアル場では「挑戦」を楽しむ!

トライアル場に行くと、
普段はチャレンジしないようなセクションに出会います。

“トライ”アル=挑戦です

無理のない程度に挑戦をして、
「次はこれを練習しよう!!」
みたいに、課題を見つけましょう!

>>>関連記事:【練習より挑戦】自転車トライアルは練習するな!

自転車を積んでドライブするだけで楽しい!

私はよくこんな感じで遊んでいます。
「あ、ここ楽しそう!」
と思った場所に挑戦して、ついでに動画を撮ったりしています。

良い場所ないかな~と探しながら、
ちょっとした遠出をするだけでも楽しいんですよね。

自転車降ろさずにドライブだけで終わる日もあります(笑)
そんなのでもいいんですよ。
やることもなく家に引きこもるより、新しい発見があります。

「外に出かける理由になる」
それだけでも、やっていて良かったなと思います。

トライアル自転車はどこで買ったらいいの?

  • 「そこそこ上手になってきた!」
  • 「そろそろダニエルしてみたいな」
  • 「周りにトライアル自転車を勧められた」

そうなったら、
いよいよトライアル自転車を購入するのが良いでしょう。

でも、トライアル自転車はどこで買ったらいいの?

ショップで買うのがいちばんおすすめです

  • 近所のトライアル場を教えてもらえる
  • 一緒に乗る相手を紹介してもらえる
  • 自転車が壊れてもいつでも頼れる

やはり、ショップで買うのがいちばん良いです。
ショップは「ただの自転車量販店」ではありません。
買ったあとの遊びかたもサポートしてくれる。
それが自転車トライアル(BTR)のショップです。

>>>関連記事:自転車トライアルのショップ一覧【やっぱり目でみて買いたい】

近くにショップがなければ信頼できる通販で

「近くにショップがない!」
そんなあなたは、信頼できる通販で買いましょう。

私の記事でさまざまな自転車を紹介しているので、
お気に入りの一台を探してみてください。

>>>カテゴリ:トライアル
>>>関連記事:【安心して買える】自転車トライアルのネット通販5選

ちなみに、某大型通販で買うのはおすすめしません。
信頼できるショップがamazonに出品してくれると良いのですが…

>>>関連記事:【3.9万円から】amazonで買えるトライアル自転車まとめ【完全網羅】

お金がないから中古で買いたいんだけど…

  • 「お金溜まるまで待ってられない!!」
  • 「壊れてる場所は自分で直す!」
  • 「いざとなったらショップに頭下げる!」

そんなあなたは、中古で購入するのも手です。
全員におすすめはしませんが、
中古でトライアル自転車を買うこつを紹介しています。

>>>関連記事:【ヤフオク】失敗しない中古トライアル自転車の買い方【メルカリ】

自転車トライアル・ストリートトライアルってなに?まとめ

  • 自転車トライアルは、足をつかずに難所をクリアするスポーツです
  • 自分のレベルに合わせて、コースを選べます
  • 初心者でも無理なく楽しめます
  • ガチ勢・エンジョイ大会勢・近しい仲間と楽しむ勢などさまざまです
  • 家の前でも楽しめます
  • トライアル自転車が多いですが、MTBでも楽しめます
  • できない技にトライしたら、あなたはもうトライアルライダーです!
  • なにを練習したらいいかわからないなら、8の字ターンがおすすめです
  • スタンディングは練習しなくていいです。飽きます。
  • 自宅練習でバランスを磨くと、休日が楽しくなります!
  • トライアル場では、やったことないことにトライしてみましょう!
  • 自転車を積んでドライブするだけでも楽しいです
  • トライアル自転車は、ショップで買うのがおすすめです
  • 信頼できる通販で買うのも良いでしょう
  • 中古で買うなら、ある程度覚悟は必要です