トライアル自転車のチェーンがゆるくなった!張りかたを教えて!

パーツ

  • 「しばらく乗っていたら、チェーンがゆるんできた」
  • 「乗っているとガチャンガチャンうるさい!」
  • 「タイヤを交換するのにホイールを外したけど…」

自転車トライアルに限らず、チェーンって伸びるんですよ。
特に新車や新品のチェーンは、
「初期伸び」がけっこう出ます。

リアディレーラー(外装変速)の自転車なら、
自動的にチェーンを張ってくれるんですけどね。

ほとんどのトライアル自転車には、ディレーラーはついていません。
時々チェーンを張ってやる必要があります。

適正なチェーンの張りにすることで、

  • ガチャンガチャン言わなくなる
  • ペダルを漕いだときの反応がよくなる

などの効果があります。
タイヤ交換のときにも、チェーンの張り調整は必須ですね。

そんな自転車トライアルのチェーンの張りかたを紹介します。

  1. チェーンはどれくらい張ればいいの?
  2. チェーン引きのタイプ別調整方法
  3. チェーンテンショナーQ&A
  4. チェーンの張りかたまとめ

チェーンはどれくらい張ればいいの?

「チェーンステーにぶつからない程度」
にしておけばOKです。

  • パッツンパッツンに張る→漕いだらすぐ進む・転がり抵抗が増える
  • ゆるゆるにする→漕いでもすぐ反応しない・転がり抵抗が減る

こんな感じになります。
あなたの好みを探してみてください。

ちょうどいい張り具合

  • 触るとちょっと動く
  • 触ってもフレームに当たらない

この条件さえ満たしていればOKです。
あとはお好みで。

マニュアルなどのトリックをするなら、
ちょっとゆるめがおすすめです。

張りすぎの例

「触ってもびくともしない」
くらいチェーンを張るのはおすすめしません。

フリーギアやチェーンの破損につながります。

ゆるすぎの例

「触るとチェーンステーやシートステーに当たる」
これはゆるすぎです。

チェーンが外れる可能性があります。

チェーン引きのタイプ別・調整方法

  • スネイルカム(マガタマ)タイプ
  • フレーム内臓イモネジタイプ
  • ナット/ボルト引きタイプ
  • スプリングテンショナータイプ

チェーン引きにはこんな種類があります。

スネイルカム(マガタマ)タイプ

トライアル自転車でもっとも普及しているタイプです。
構造がシンプルで、軽いことが利点ですね。

「変心カム構造」で、
フレームのボルトに当たることで、リアホイールを引っ張ります。

スネイルカムの向きは、上下どちらでも大丈夫ですが、
「下に押すとチェーンを張る」向きが、調整しやすいと思います。

ホイールのボルトを左右ともゆるめます。

スネイルカムを回すと、
リアホイールが引っ張られます。
右側から調整して、好みのチェーンテンションにしましょう。

調整が終わったらホイールのボルトを締めます。


次に左側。
左側のスネイルカムを回して、ホイールをセンターに合わせます。

※左側のスネイルカムがない自転車もあります。
その場合は、腕でぐいっとセンターに合わせましょう。

調整が終わったら、ホイールのボルトを締めます。
これで完了です。

フレーム内臓イモネジタイプ

フレームにイモネジが埋め込まれているタイプです。
ECHOやGU、Becauceに多いですね。

イモネジでハブ軸を押すことで、チェーンの張り具合を調整します。
スネイルカムタイプに比べて、調整に失敗することがありません。

ホイールのボルトを左右ともゆるめます。

右側のイモネジを回して、チェーンを調整します。
イモネジを右に回すと、ホイールが引っ張られます。

左側のイモネジを回して、ホイールをセンターに合わせます。

調整が終わったら、ホイールのボルトを締めます。
これで完了です。

スネイルカムと違い、調整中にずれることがないのが利点ですね。

ナット/ボルト引きタイプ

ストリートトライアル自転車に多いタイプです。
調整方法はイモネジタイプと同じです。

ボルト/ナットを右に回すと、ホイールが引っ張られます。

スプリングテンショナータイプ

ストリートトライアル自転車や、
CREWKERZ、MAESTROなどがこのタイプです。

このタイプは、
スプリングでいつでも適正なチェーンテンションにしてくれます。
調整する必要はありません。

チェーンテンショナーQ&A

ロードバイクやMTBにはない構造なのでちょっと戸惑いますが、
覚えてしまえばかんたんですよね。

しかしはじめての整備には、なにかと不安がつきまといます。
「うーん、これで大丈夫なんだよね?」
と不安になったときのために、
よくある質問にお答えします。

ちょっと乗ったらチェーンがゆるんだんだけど…(新品チェーンの場合)

新品チェーンの場合、「初期伸び」が出ます。
ぱっつんぱっつんに張っても、
すこし乗るとゆる気味になりますね。

ダニエルやオットピを30回くらいすることで、初期伸びがとれます。
新品チェーンに交換した場合は、
ちょっと乗ってから再調整するのがおすすめです。

再調整後にゆるなまなければ、
故障やミスではありません。大丈夫です。

ちょっと乗ったらチェーンがゆるんだんだけど…(中古チェーンの場合)

スネイルカムタイプにありがちです。
特にアルミのスネイルカムの場合、
「漕ぐ力でフレームのボルトにめりこむ」んですよ。

めりこむ分を考慮して、
チェーンテンションを張り気味に調整しましょう。

しっかり調整したのに、ちょっと乗ったらホイールセンターがずれてる!

これもスネイルカムタイプにありがちです。
理由は同じく、
「漕ぐ力でめりこむ」からですね。

めりこむ分を考慮して、
ホイールセンターを、「やや右寄りに」調整しましょう。

スネイルカムって調整しづらくて苦手…

「構造がシンプルで軽い」のがスネイルカムのメリットですが、
ちょっと調整が難しいですよね。

そんなあなたは、
右側だけでもボルト/ナット引きタイプに交換しましょう。
このタイプはまず調整に失敗することがありません。

FullMarks ロリポップ 税込1,800円(あじと)

クランクを回したらチェーンがうにょうにょしてる!失敗した?

  • クランクを回すとチェーンがゆるんだり張ったり
  • クランクを回すとチェーンが左右に揺れる

これは仕様です(笑)
トライアル自転車のクランクは精度がまちまちなので、
多少うにょうにょするものです。

一応、ホイールにゆるみがないか確認しましょう。
ゆるみがなければ、作業ミスではないのでご安心を。

  • ある部分はぱっつんぱっつん
  • ある部分はチェーンステーに当たるほどゆるい

ここまでうにょうにょする場合は、
クランク周りに異常があるかもしれません。
ショップに見てもらいましょう。

>>>関連記事:自転車トライアルのショップ一覧【やっぱり目でみて買いたい】

チェーンって永遠に使えるの?

良いところに気づきました。
自転車トライアルに限らず、チェーンは消耗品なんです。
ダニ跳びなどの大ジャンプをするようになると、
チェーンには強い力がかかります。

私は3ヶ月に1回チェーンを交換しています。
跳ぶときに切れたら危ないですからね。

>>>関連記事:【中級者が切れやすい】トライアル自転車のチェーンは定期交換です

トライアル自転車のチェーンの張りかたまとめ