パーツに関する記事一覧


パーツ

自転車スポーツをやる以上、避けては通れないのがパンク。特に自転車トライアルではパンクすることが多いです。初心者には難しいパンク修理ですが、この記事を読めばかんたん。パンク修理をマスターすれば、出先のパンクで嘆くこともありません。

パーツ

「家に帰ったら膝にあざができてた。なんで?」それ、ステムとひざをゴッツンコしてます。気づかないうちにぶつけてしまう「膝ステム」を避けるためには、ステムカバーがおすすめです。ステムのネジをだめにすることもなくなります。

パーツ

トライアル自転車は、自動でチェーンテンションを調整してくれないものがほとんどです。チェーンの張りを調整するだけで、あなたの自転車はもっと乗りやすくなります。チェーン引きのタイプ別調整方法や、チェーン調整でよくある質問にお答えします。

パーツ

自転車トライアルのステムはちょっと特殊。でも一度覚えたら交換・調整はかんたん。そんな自転車トライアルのステムについて、網羅的にまとめました。あなたがいつでも気持ちよく乗れるハンドルポジションを手に入れましょう。

パーツ

「なんかブレーキ効かないなぁ…」あなたは、”サンディング”をしていますか?自転車トライアルのリムブレーキには、”サンディング”が必須です。健康なブレーキ+トライアル用のシュー+サンディング。これでブレーキが効かないことはありません。

その他 パーツ

あなたはアーレンキ(六角レンチ)を正しく使えていますか?ボルトをだめにする前に、正しい扱い方を覚えましょう。理屈がわかっていれば、難しくありません。ほかにも快適に整備するためのアイテムの紹介します。

パーツ

軽量化よりも、ハンドルポジションを最優先にすべきです。いくら自転車が軽くても、無駄な力を使ってしまっては重く感じるからです。あなたにしっくりくるポジションを作る方法を、メーカーの設計から紐解きます。

その他 パーツ

トライアル自転車を買って、お金に余裕ができたら工具をそろえましょう。ショップを頼るのもOKです。でも日常整備を自分でやることで、いつでも快調な自転車で練習できます。整備暦12年の私が、おすすめの工具を紹介します。

パーツ

「ハンドルバーは折れる」MTBや自転車トライアルを長く楽しんでいる人はよく知っている常識です。その時は突然やってきます。ハンドルバーが折れてケガしないためには、どうしたらいいのか?その方法や、素材の特性を解説します。

パーツ

「Vブレーキはオワコン」そんな考えこそが、オワコンかもしれません。自転車トライアルでは、Vブレーキブームが再来しています。高級カーボン自転車に乗るトップライダーも愛用する、Vブレーキの正しいセッティングとは?